日々のお茶とその周辺

 強い雨の予報に反して、フワ〜っとした霧雨のような雨が降ったり止んだりのお天気となりました。そして暑さが少し和らいでほっといたしましたね。そんな本日の「おもてなし茶の湯」には、茶道は初めてとおっしゃる女性のお客様がご参加くださいました。お母様が普段お茶を点てていらしたそうで、ご自身も点ててみたいなとお感じになったのがきっかけとのことでした。  本日のお菓子は、「秋桜」森八製です。この秋桜には思い出があります。1年前のちょうど今頃のことです。初めて開催した「おもてなし茶の湯」にこのお菓子をお出ししたのでした。その時は数名の友人が参加してくれて、とても賑やかで励まされた会でした。  今日はそんなお話も交えながら、こじんまりと穏やかな会となりました。そして、今日のお客様が引き続き茶道教室に通ってくださることになりました。とても嬉しいです。同時に身の引き締まる思いもいたしております。

 重陽の節句は、別名菊の節句ということもあって、お教室の片隅に菊の花を飾ってみました。  古代中国では奇数が縁起の良い陽の数とされていたそうで、その最大の数9が重なる日を重陽の節句として五節句の中でも重んじられてきたそうです。...

 8月も終わりに近づきました。毎年夏の終わりは、ちょっと寂しいような複雑な気持ちになります。そんな初秋の「おもてなし茶の湯」はオンヴォサロン浦和での開催となりました。ご用意したお菓子は「初嵐(はつあらし)」森八製です。初嵐は、秋のはじめに吹く野分の先駆けのような強い風のこと。暑い毎日ですが、そんな強い風に吹かれながら、季節が刻々と移ろうさまを楽しめたら良いですね。  今日のご参加者は、高校時代、茶道部に在籍されていたという女性のお客様。お母様も茶道を嗜まれていたそうです。ひとつひとつの動きを確認なさりながら、丁寧にお点前をされていました。

 二十四節気の処暑ですね。ほんのわずかですが、暑さが和らいで秋に向かう気配を感じます。そんな処暑の「おもてなし茶の湯」は、自宅での開催となりました。お母様とお嬢様のお二人でご参加いただきました。お菓子は「桔梗」森八製。桔梗は秋の七草の一つで、凛と咲くその姿が涼しげなお花です。...

 やはり、東京大茶会2020が中止となりましたね。大小様々なお茶会も、年内一杯は中止とされているところが多いようです。これはやむを得ない事かなと思いながらも、残念過ぎますね・・・...

 今日は先生のところでお稽古でした。風鈴の形のお菓子が涼やかで、さらに水点てでしたので、冷んやりと心地よくお稽古ができました。やはりここに来ると、気持ちが落ち着きます。...

 先日、講師二級の認定を受けました。これで、テーブル茶道教室PLUSのお点前レッスンができることになりました。...

 今日はワークショップに参加して、蔵太茶箱作りに挑戦しました。細かい作業、実は苦手なのですが、何とか3時間半くらいかけて完成、そしてすごい達成感。思いのほか綺麗に作ることができました〜。...

日曜日、数カ月ぶりに先生のところへお稽古に行って参りました。こうしてみるとこのブログも久しぶりの投稿です。コロナ禍でずっと落ち着かない毎日でした。 6月のテーマは四滴。オンラインで水滴を教えていただいたので、今回は弦付でのお稽古でした。去年よりはちょっと楽しみながら、気持ちに少しゆとりを持ってお点前できました。...

 緊急事態宣言が出されてからというもの、週末は基本的に家に篭っています。スーパーマーケットも混んでいるようで、何とも気が引けてしまって出かけられずにいます。こんなふうに晴れた週末の午後に家族揃って家にいる、従来の生活では考えられないことでした。その意味では新鮮です。...

さらに表示する